時々、まわりみち。

真面目で優しいが故に自分が傷付く…そんな生きづらさを感じる人が強かに生きるヒントを綴ります。

働き方

【ラグビーW杯2019】なぜ、日本がアイルランドに勝てたのか?ラグビー素人が、その理由を分析してみた。

いまラグビーワールドカップ2019で、日本中が大フィーバーしています!なぜなら、日本が世界トップクラスのアイルランドに競り勝ったからです!ラグビー W杯が開催されるまで正直あまり興味がなかったラグビー 素人の僕ですが、今回いろいろ背景など調べてみ…

新しい職場に勤務してちょうど3ヶ月、改めて仕事ということについてマジメに考えてみた。“働く”ことが楽しくなる、たった3つの要素とは?

「仕事をすること」「働くこと」…当たり前のことですが、意外としっかり考える機会は少ないのではないでしょうか?私ごとではありますが、新しい職場にて仕事を始めてから3ヶ月が経ったということで、「今の仕事に満足している理由」を考えてみました。する…

【ハラスメント】加害者が配慮していると主張しても、最終的には「受け手がどう感じるかがすべて」。セクハラ・パワハラ…権力者が引き起こすハラスメントについて考えてみた。

もともと1980年代後半に生まれた「ハラスメント」という言葉ですが、ここのところ多種多様な○○ハラスメントという問題が挙がってきてます。この根本の原因が、「加害者と被害者の考え方の乖離」です。そして、なにより大事なことが「被害を受けた」という事…

成長のスピードを最大限に高めるなら、「理屈をこねるヒマがあったら量をこなす」こと。仕事と運動の共通点から考える、若者に贈る極上の成長論。

どーも。冬の足音が聞こえている札幌にて、寒い夜に窓を開け放しにして寝てしまい喉が激痛、公平です。 さて、私事ではありますが、今月10月に入り新しい部署に異動して1ヶ月がたちました。 覚えることが多く毎日ヘトヘトになって帰ってくる生活ですが、 ぼ…

若いうちはスペシャリスト(専門職)よりゼネラリスト(総合職)を目指して。結局のところバランス良いのが一番良い。

どーも。昨日、初めて 北海道ニセコに行き海外のような街並みにビックリしました、公平です。 さて早速ですが、本日は ゼネラリスト(総合職)/スペシャリスト(専門職) について、お話しようと思います。 【浅く広く?深く狭く?】 まずは、ゼネラリスト…

斜に構えることなく、互いに少しでも歩み寄っていける社会に。社労士受験から考えた、障害者雇用水増し問題の本質について。

考え方が違う人々どうし、はたして歩みよっていける社会はつくれるのでしょうか?社会中央省庁の8割にあたる行政機関が「障害者の方の雇用」を「水増し」していた『障害者雇用水増し問題』、国に対して諦めの念がつくのもうなずけます。しかしながら、ここで…

上司に従うのではなく、上司をマネジメントする。大学院にてMBAの科目にすらなりつつある「ボスマネジメント」で、なりたい自分(自己実現)へのスピードを加速させる。

どーも。梅雨がないはずの北海道に続いている「蝦夷梅雨」に気分もジメジメ、公平です。 本日は、仕事で悩むことも多い上司との人間関係を解決してくれる、 ボスマネジメント(Boss Managment)という考え方についてお話します。 【目次】 【研究室、職場か…

徐々に注目を浴びつつある働き方改革、そんな今の時代にこそ見直したい人事と労務の管理体制。なぜ僕は、社会人2年目のこの時期に「社会保険労務士」を志したのか?

どーも。昼ごはんはバナナ1本にナッツ1袋、公平です。 本日は、8月の第4日曜日に控えている「社会保険労務士」の試験まで約2ヶ月前ということで、 本試験の概要、また、なぜ僕が社会保険労務士の試験を受験しようと思ったのか、お伝えできればと思います。 …

その場所、その場所ごとに、見せる顔が違ったっていいじゃない。より人生を豊かにするために、所属コミュニティーを複数もつということ。

どーも。季節外れの寒さに盛大に風邪を引いてしまいました、公平です。 さて、私ごとではありますが、仕事を再開して半月ほど経ちました。 それと同時に、キックボクシングも始めて1月が経ちました。 徐々に、新しい人間関係が広がり、いろいろと考える毎日…

【新卒1年目】学生から社会人になる君に知っておいてほしい!新社会人に伝えたい7つのこと!

どーも。3月も終わりに近づき、それと同時に社会人1年目も終わることにただただビックリしています、公平です。 今年度も、ホントにホントに、あっという間に過ぎていきましたね。 ご縁があり、僕が今の会社に入社したのが、ちょうど1年前。 その当時、いよ…