時々、まわりみち。

真面目で優しいが故に自分が傷付く…そんな生きづらさを感じる人が強かに生きるヒントを綴ります。

公平の彼是(あれこれ)

29歳になった公平が語る、20代でやり続けて良かった3つのこと|2020.6.29【時々、まわりみち。】

ついに…ついに29歳、気がつけば20代ラストの歳を迎えてしまいました。せっかくなので自分の人生を走馬灯のように振り返ってみると(笑)、とにかく20代はめちゃくちゃ濃い〜10年間だったように思います。というわけで、本日は「20代でやってきて良かったと思う…

【筋トレは最強のソリューション】そこまで筋トレに興味のなかった僕が、カッチカチの筋肉にハマってしまった理由。

『筋トレは最強のソリューション』…数年前に大ブームを起こした筋トレについての後世に語り継がれる名言です。しかし、この筋トレの効用を心から理解している方は全体の何%くらいなのでしょうか?今回は、この筋トレに救われたうちのひとりでもある僕自身の…

【新型コロナウイルス】なんだかんだ「自然科学の力は信じたいっすね」というひとりごと。

新型コロナウイルスも、緊急事態宣言の甲斐あってかピークはすぎたかのように思います。しかし、もちろん油断は禁物。だからこその今回は、「やっぱ偉大な『自然科学のチカラ』は信じたいし信じるべきですなぁ」というひとりごとです(笑)。

新型コロナウイルスが流行ってパニックになってるなら、みんなで冷静に解決策を考えてみようぞ。

新型コロナウイルスによる停滞ムード…こんな時期だからこそ「コロナウイルスがもたらした事実に対して見方を変える!2!」と題してお話をさせていただきます。

満8年、「彼」を偲び、「彼」に捧げます。|2020.3.16【時々、まわりみち。】

2020年3月16日、高校のときの友だちが亡くなってから満8年が経過、いま「彼」を偲び、「彼」に捧げます。

同じ国公立大学を3年連続で受験した話をします。塾講師の受験体験記でも読んで緊張をほぐしてくださいな。

今日は2月25日、国公立大学1次試験日です。いま仕事先で受験生を見ていると、なかなか思うように結果が出ず苦しんでいる人も多いです。しかしながら、受験期間中は受験生はビックリするくらい飛躍的に成長します。その変化を味わうことが、受験の結果を気に…

【センター試験2020】まだまだ、やれることはいっぱいある。淡々と、粛々と、でも飄々と。

1990年に始まった大学入試センター試験が、2020年の1月18日と19日を最後に幕を下ろしました。もちろん例に漏れず、大学受験時に二浪した僕もセンター試験を受験しました。そのセンター試験後の言葉として最も伝えたいのは、「まだまだ、やれることはいっぱい…

あけましておめでとうございます、2020年の抱負。 - 「4次元的発想で物事を捉える」|2020.1.6【時々、まわりみち。】

みなさま、あけましておめでとうございます。昨年もあっという間で、2020年という新たな1年がスタートいたしました。まずは、例年どおり年始めは今年の抱負についてです。ズバリ今年2020年の抱負は…「4次元的発想で物事を捉える!」です。昨年は、本ブログを…

なんだかんだ『遊び心』をもっている人が最強なんじゃないかという説。

「遊び心をもつこと」は、仕事でもプライベートでも非常に重要なことです。もしかしたら、みなさんの中には「仕事や勉強は遊びじゃない!」と勘違いしていらっしゃる方も多いかと思います。しかしながら、「遊び心』をもっている人が最強」だということを知…

過去と現在、一本の線で結ばれる瞬間。のちのち気づく、点と点をつなげる。

みなさんは「Connecting The Dots(点と点をつなぐ)」という話をご存知でしょうか?そう。かの有名な元AppleのCEO出会ったスティーブ・ジョブスさんが残したスピーチ中の名言です。過去に後悔があるという方は多いかと思います。しかし、「点と点をつなげる…

いつ急に健康が損なわれるかわからない。突然の病気やケガで感じる、当然だがとても大切な3つのこと。

健康だった生活が一夜にして不調になってしまった経験…みなさんも一度はあるかと思います。そんな自分も、自転車事故で1週間の休みをいただくことになりました。ケガや病気というのは避けられないものですが、もしなったとしても考え方ひとつで「善」にも「…

ひたすら芸術の役割について模索しつづけた絵本作家「レオ=レオニ」に触発されて、芸術素人である僕が芸術の役割について考えてみた。

みなさんは「レオ=レオニ」という絵本作家さんをご存知でしょうか?教科書に載っていたであろう『スイミー』などの作品が有名ですが、もっと他にも名作を生み出している作家さんです。この方の作品の魅力は、「芸術の役割」をひたすらに考えたことにありま…

社会人になって、理系の勉強が仕事にほぼ活きていないと思っていた。でもそれは違くて、仮説と検証をくり返す「科学力」が大いに活きていた。

よく「PDCAサイクル」という言葉を社会人の方は耳にするかと思いますが、なんかイマイチよくわからないという方も多いのではないでしょうか?ですが核心を探れば「仮説&検証」で、理系思考をインストールすれば何も難しい話ではありません。僕が理系学部と…

【令和の抱負】物事の本質をクリアにするために抽象的思考をもつ。そして世界的問題を解決できるように。

いよいよ今月から「令和」に突入しましたね!もう「平成」から新元号に変わりましたがもう慣れましたでしょうか?今回は僕個人としての【令和の抱負】を共有させていただきたいと思います。テーマはズバリ「抽象的思考」。人類すべてがこの考え方ができれば…

新しい職場に勤務してちょうど3ヶ月、改めて仕事ということについてマジメに考えてみた。“働く”ことが楽しくなる、たった3つの要素とは?

「仕事をすること」「働くこと」…当たり前のことですが、意外としっかり考える機会は少ないのではないでしょうか?私ごとではありますが、新しい職場にて仕事を始めてから3ヶ月が経ったということで、「今の仕事に満足している理由」を考えてみました。する…

それって、食わず嫌いしてるだけじゃないかい?日本の国技である大相撲は、奥が深くてスゴい面白い。

日本の国技である「相撲」…いつのまにか「お年寄りが観るもの」みたいなイメージがついていますが、実は奥が深くてメチャクチャ面白いんです!これって、おそらく「ただの食わず嫌い」ですよね?なんとなく好きじゃないなぁ…という考えは捨てて、新しい分野…

【祝!ブログ1周年】予想以上に大きく変わった現状…ブログを始めてからの心境の変化を書き綴ってみる。

2018年3月7日。記念すべき当ブログ【時々、まわりみち。】がスタートしました。無事に1年が経過いたしましたのも、いつも記事を読んでいただいております皆さまのおかげです。本当にありがとうございます!そんなわけで、本日は1年を振り返っての心境、また…

未来を見据え、気持ちを新たに、2019年の抱負。

あけましておめでとうございます!いよいよ、平成も終わり2019年に突入しました。新しい元号も気になるところですが、まずは今年の抱負を述べたいと思います。新しい年の門出ということで、「凌雲の志」を持って新たな気持ちで何事にも臨んで参ります。本年…

今年2018年を振り返り、逆風に吹かれ逆境を乗り越えて得たこと。

早いもので、あっという間に平成最後ともなる2018年も終わり…。今年は、世の中も「逆風が吹き荒れた変化の年」と言えますが、個人的にも逆境に立たされた一年でした。今回は、公的にも私的にも振り返りながら、得たことを発信して皆さんにも共有していただけ…

【厳選5選】悩み多き青春を過ごしている若者にこそ読んでほしい!公平の人生を変えたダークストーリー漫画!

「光」があれば、「闇」もある。ハッピーエンドの漫画もあれば、バッドエンドの漫画もある。全体的に暗い雰囲気が漂っているストーリーの漫画は、なかなか手に取られることも少ないですが、悩み多き若者にこそ読んでもらいたい!そんな想いから、自身が青春…

成長のスピードを最大限に高めるなら、「理屈をこねるヒマがあったら量をこなす」こと。仕事と運動の共通点から考える、若者に贈る極上の成長論。

どーも。冬の足音が聞こえている札幌にて、寒い夜に窓を開け放しにして寝てしまい喉が激痛、公平です。 さて、私事ではありますが、今月10月に入り新しい部署に異動して1ヶ月がたちました。 覚えることが多く毎日ヘトヘトになって帰ってくる生活ですが、 ぼ…

【考察】はたして1日1食ダイエットは健康に良いのか。夜ごはんだけ好きなものを食べる生活を3ヶ月続けて分かったこと。

どーも。週末に岩盤浴と温泉を満喫し、身も心もリフレッシュして気分爽快、公平です。 さて本日は、復職して健康に気をつけようとスタートさせた、 約3ヶ月間の1日1食ダイエットについて感じたことをまとめてみます。 【目次】 【そもそも1日1食ダイエ…

誰かとつながることで生まれる「絆(きずな)」は、孤独という「傷(きず)」を含む。他人(世間)の評価軸ではなく、自分の評価軸で生きること。

どーも。今週は筋トレにキックボクシングに頑張りすぎて筋肉痛で身体バッキバキ、公平です。 さて、昨日の朝の出来事ですが、なんとなしに新聞を読んでいたら以下の一節が目に飛び込んできました。 誰ともつながれないのが「孤立」だとすれば、誰かと一緒に…

【北海道地震】苦境にあっても、天を恨まず。平成30年度北海道胆振東部地震から感じた、人の奥底に眠る支え合いの心。

2018年9月6日、最大震度6強の地震「平成30年北海道胆振東部地震」が北海道を襲いました。札幌に在住していた当時、まさか北海道にもこんな大きな地震がくるなんて思いませんでした。しかしながら、被災して気付いたことがあります。それが、「支え合いの心」…

斜に構えることなく、互いに少しでも歩み寄っていける社会に。社労士受験から考えた、障害者雇用水増し問題の本質について。

考え方が違う人々どうし、はたして歩みよっていける社会はつくれるのでしょうか?社会中央省庁の8割にあたる行政機関が「障害者の方の雇用」を「水増し」していた『障害者雇用水増し問題』、国に対して諦めの念がつくのもうなずけます。しかしながら、ここで…

上司に従うのではなく、上司をマネジメントする。大学院にてMBAの科目にすらなりつつある「ボスマネジメント」で、なりたい自分(自己実現)へのスピードを加速させる。

どーも。梅雨がないはずの北海道に続いている「蝦夷梅雨」に気分もジメジメ、公平です。 本日は、仕事で悩むことも多い上司との人間関係を解決してくれる、 ボスマネジメント(Boss Managment)という考え方についてお話します。 【目次】 【研究室、職場か…

【バッグの中身】27歳男子のミニマリスト志向な持ち物。必要なモノだけ持ち歩くシンプルな生活。

どーも。7月に入り、札幌の予想外の寒さに風邪をぶり返しました、公平です。 さて、早速ですが、バッグの中身って人それぞれ個性があって面白いですよね。 人によっては、 「心配でリュックがパンパンになっちゃう!」 なんて人もいれば、 「ショルダーバッ…

徐々に注目を浴びつつある働き方改革、そんな今の時代にこそ見直したい人事と労務の管理体制。なぜ僕は、社会人2年目のこの時期に「社会保険労務士」を志したのか?

どーも。昼ごはんはバナナ1本にナッツ1袋、公平です。 本日は、8月の第4日曜日に控えている「社会保険労務士」の試験まで約2ヶ月前ということで、 本試験の概要、また、なぜ僕が社会保険労務士の試験を受験しようと思ったのか、お伝えできればと思います。 …

晴天のようなカラリとした人付き合い、でも確かに存在している温かい心。初期配属の部署に戻って気付いた、たった一つの大切なこと。

人間関係…なかなか一筋縄ではいかず難しいところがあります。心理学者のアドラーも、「すべての悩みは人間関係である」と言っています。私ごとではありますが、つい先日から初期配属でお世話になった方々の部署に戻ることになりました。その中で感じたのが、…

【新卒1年目】学生から社会人になる君に知っておいてほしい!新社会人に伝えたい7つのこと!

これから社会人になる方には、とにかく大志を抱き「頑張るぞ!」と意気込んでいる方も多いと思います。僕自身、大学を卒業し約1年が経過しましたが、いろいろと悩み悩みの連続で本当に大変な1年だったように感じています。そんな本日は、実体験を元にした「…